高広木材株式会社|ウエスタンレッドシダー専門

森林管理の先進国・カナダの森から日本へ。カナダ産レッドシダー取扱店

お電話での
お問い合わせは

03-3521-6121

月~金9:00~17:00

各月最終土曜日のみ~15:00まで営業

レッドシダーが映える
建築事例

  • 木製小屋キット CEDAR SHED
  • レッドシダー協会WRCLA
  • カナダの木材建築への窓口
  • 日本ウッドデッキ協会
  • オーダーメイド Order made
  • レーリング
  • お問い合わせ

レッドシダーが映える 物件紹介レポートVol.3 「木の外壁への想いをかなえるレッドシダーサイディングの家」

高台への道路を進んでいくと、目の前に六角形の黒い建物が現れます。 周囲とは一線を画した、印象的な外観が目をひきます。

レッドシダーが映える物件紹介レポートの第3回は、円海山のトレッキングコースに近い 磯子区の高台に位置するT様邸のレポートです。


外壁には、ウエスタンレッドシダーのサイディング材(本実加工・節有りタイプ・TG-17127N)を使用しています。 塗料は黒色系のオイルステインを選択。 落ち着いた、モダンな雰囲気が素敵です。

節有りはこのような感じになります。「木」らしい趣きがあっていいですね!

縦のルーバーがアクセントになっています。 ルーバーもレッドシダー。 目隠しをしながら、風通しをよくするためのデザインです。

にこやかに出迎えてくださった奥様に、家づくりについて、お話を伺いました。

「木の家への思いは、特にきっかけがあった訳ではありません。 昔から将来の為に色々な家を意識して見ていましたが、 いいなあ、と思う家は木の外壁の家でした。 自分達の感性に一致したのでしょう。しかし、だからと言ってログハウスの家は好きではありません。 木の素朴さとデザインの品格さが合わさったものが好きでした。」

ご夫婦は、家づくりにあたり、趣味のサイクリングをしながら、いろいろなお宅を見て回ることから始められました。 さらに雑誌などで情報収集をしたりするうちに、目指すイメージが形になってきました。 そのこだわりのひとつが、「木の外壁」です。

始めに相談した建築士さんには、「木では無理ですよ」と、一言で却下されてしまったそうです。 その時点では、建築士さんが2000年の建築基準法改正を知らなかったことが原因でした。 そうでなくても、「木の外壁はメンテナンスが大変」「工事に手間がかかる」などのマイナス点を挙げて、 積極的に木を使おうとしない業者も存在するのが現状です。

それでも、「木の外壁がダメだと言うなら、実際に見て憧れた、 木の板張りの家はなぜ建てられているのだろう…?」という疑問を捨てきれず、 あきらめなかった奥様は、ご主人が買われた「建築知識」という専門雑誌に、 木の外壁についての記事があるのを見つけました。

記事のタイトルは、「外装材選びで間違えないために知っておきたい基本知識」。 建築基準法改正についてや、木材の耐久性を上げる施工法のポイントがまとめてあり、 「やはり木の外壁は可能なのだ」という思いを強くしたそうです。

→建築基準法改正についての詳しい説明は、(財)日本住宅・木材技術センターのウェブサイト 「ひろがる外装への木材利用」 をごらんください。

実は、その記事は高広木材が取材を受け、専務の話をもとに書かれたもので、 記事中に「ウエスタンレッドシダーのデッキ材・外装パネル材を扱う高広木材」という1文が載っていました。 それをごらんになり、直接高広木材に問い合わせることに決めたそうです。 さらに抜群のフットワークで、すぐに新木場までご夫婦おそろいで訪ねてこられました。

高広木材の社屋には、レッドシダーがふんだんに使われています。

→社屋のご案内ページに写真がたくさんあります!

レッドシダーの外壁材が張ってある社屋を見て、イメージに合うと気に入っていただき、 「こういう家にしたいのです!」という展開に。 とんとん拍子とはまさにこのことで、すぐその日に、おつき合いのある建築士さんをご紹介。 またもタイミングよく、すぐに打ち合わせできるとのこと。 こうして、スタジオアーの諸角 敬さんの設計で、木の外壁が実現したのです。 このT様邸は、2008年神奈川建築コンクールで、奨励賞を受賞したそうです。

熱心なご夫婦は、建築中も、仮住まいから頻繁に現場に通われ、大工さんとも顔見知りになり 通常なら見られない壁の内側までご覧になったとか。 竣工してからも、細かい部分を、ご自身の手で工夫されています。

カチッとしたシャープな印象の外観と対照的に温かみを感じる内装やインテリア。 イケアに通われてお気に入りを見つけるなど、ローコストながらも妥協せずに、 気に入ったものを上手に取り入れているのが素晴らしい! ご夫妻のこだわりと工夫が随所に見られ、この家を愛していらっしゃるのだな~ と、ひしひしと感じました。

お家の中心にトップライトがあり、明るい日差しが差し込みます。

夏は暑いぐらいなので、やわらかい光になるよう、布をつけて工夫しているそうです。 お宅のあちこちに手作りのアイディアがあふれています。 住みやすくなるよう、自分たちで考えながらの作業ひとつひとつがとても楽しそう!

今回、レッドシダーをご採用いただいたのは、外装のみでした。 社屋の内装を実際に見て、内装にもぜひ使いたいと思っていたそうなのですが、 予算の都合上、今回はやむなくあきらめたそうです。 「でも、将来的には絶対内装も無垢の木にしたい」との力強い言葉をいただきました! その時は、ぜひまたお役に立ちたいと思います。

→T様邸の素敵な画像は、スタジオアーさんのホームページで見られます。住宅の施工事例「黒の宝石」をごらんください。

>>>次ページ レッドシダーが映える物件紹介レポート vol.4 「無垢の板張りと塗り壁のコントラスト。本物の質感が映える家」へ