高広木材株式会社|ウエスタンレッドシダー専門

森林管理の先進国・カナダの森から日本へ。カナダ産レッドシダー取扱店

お電話での
お問い合わせは

03-3521-6121

月~金9:00~17:00

各月最終土曜日のみ~15:00まで営業

高広木材について

  • レッドシダー協会WRCLA
  • カナダの木材建築への窓口
  • 日本ウッドデッキ協会
  • オーダーメイド Order made
  • レーリング
  • お問い合わせ

高広木材について 社屋のご案内

社屋のご案内 その1 外 壁

社屋新装時の写真です。(1997年3月)外壁は本実サイディングを張っています。

外壁は、高広木材で取り扱っているサイディング商品を使用しています。
塗料はオリンピックステインラフ面にたっぷりしみ込ませ、2回塗りをしています。窓枠にはシッケンズ(セトールHLS)を塗っています。
2009年4月現在まで12年オリンピックステインの塗り替えは行っていません。
新装時はかなり濃い茶色でしたが、ゆっくりと落ち着いた色に変わっています。
12年経っても味わいのある表情を保っていますが、やはり長持ちさせるには、7年くらいで塗り替えるのがベストです。

この面はチャネルサイディングを張っています

倉庫の壁面はベベルサイディングです

社屋のご案内 その2 デッキ

取り替えたばかりのデッキはこのような色でした。
無塗装のままだとシルバーグレーに変わっていきます。

デッキは築8年で一度改修しました。
あえて無塗装のままにしています。
色は落ち着いたグレーに変わっています。

デッキ施工時に少しずつ隙間をあけるのがポイントです。
密着した部分は水切れが悪く傷みやすいためです。
釘も打ち込みすぎないように!
少しの工夫で長持ちさせることができます。

社屋のご案内 その3 庭

桜が終わると、白とピンクの
ハナミズキが満開になります。

高広木材の庭にはたくさんの花が咲いています。
心をこめて庭の手入れをしてくださっているのはガーデナーの大野八生さん。 高広木材とは10年以上のおつき合いになります。大野さんに大切に育てられた植物たちは生命力にあふれ、生き生きとしています。

4月は一斉にたくさんの花が咲きます。

5月にはバラが満開です。
毎年咲くのを楽しみにしてくださる
ファンの方がいらっしゃいます。

社屋のご案内 その4 内 装

社屋の内装もレッドシダーです。(本実パネリング
「電球色」のやわらかい光ととても相性がよく、
温かみのある表情です。

パーテーションもレッドシダー。
目にやさしい雰囲気です。
オフィスにおすすめ!

社屋のご案内 その5 展示室

2階の展示室では、内装材や外壁材を間近で見られるよう、実際に張っています。
色の濃淡がレッドシダーの特徴のひとつですが、その風合いも感じていただけます。
ケズリ面とラフ(粗木面)の違いも比べてみてください。

ケズリ面です。
ラフ(粗木)面を表にして張っています。
表情の違いがおもしろいですよ!

社屋のご案内 その6 倉 庫

少量の場合、佐川急便で全国に配送しています。

置場から倉庫へ移動し、梱包をバラして1本から出荷しています。
        (路線便での出荷は長さ4mまでとなります。)

商品はサイズ・長さごとに管理。
細かいご注文にも対応します。

実際にご覧になれます

ウエスタンレッドシダーが高広木材に届くまで
社屋のご案内 その7 置 場

在庫は豊富にございます!
価格表に載っていない掘り出し物もたくさんあります。
営業担当までお問い合わせください!

カナダから船で積まれてきた梱包は、置場に保管されています。
(東京木材埠頭・若洲置場など)

バンクーバーの
広大な工場の様子です。

社屋のご案内 その8 展示室

カナダ・バンクーバーから定期的に日本向けの製材品を積んだ船がやってきます。この船はローロー船(Roll On Roll Off Shipの略)と呼ばれ、船の中へトレーラーが自走して乗り込むことが可能な構造となっており、クレーンを使わずに直接貨物の積み降ろしができます。荷物を降ろした後は、日本の自動車を積んで帰ります。