高広木材株式会社|ウエスタンレッドシダー専門

森林管理の先進国・カナダの森から日本へ。カナダ産レッドシダー取扱店

お電話での
お問い合わせは

03-3521-6121

月~金9:00~17:00(第4・5土曜 ~15:00)

設計・施工上の
アドバイス

  • レッドシダー協会WRCLA
  • カナダの木材建築への窓口
  • 日本ウッドデッキ協会
  • オーダーメイド Order made
  • レーリング
  • お問い合わせ

サイディング製品についての詳しいアドバイス

サイディング製品についての詳しいアドバイス

重ね部分に釘を打たないで、重ね部分のすぐ上(約5mm)に打ってください。図1参照
重ね幅一覧:
製品番号 重ね幅 釘打ち箇所
BE-19165 25mm~28mm 1ヶ所
BE-19125 重ね用シャクリ付き(約14mm) 1ヶ所
BE-19172 重ね用シャクリ付き(約15mm) 1ヶ所
BE-12114 25mm 1ヶ所
WBE-22250 50mm 2ヶ所
長手方向の継ぎ手は、胴縁の上で継ぎ合わせてください。
出隅と入り隅:ヨコ張りサイディングの出・入り隅には三つの方法があります。
A)留め継ぎを用いた出・入り隅 図2(A)参照
B)コーナーボード(2x4=40x90mm)にサイディングを突き付ける場合 図2(B)参照 入り隅は2x2(38x38mm)
C)トリムボード(1x4=18x90mm)をサイディングにかぶせる場合 図2(C)参照 入り隅は1×1(20x20mm)
出隅・入り隅のデザインは、施工者の屋外木工事の経験と技術を考慮してご選択ください。

チャネルサイディング=タテ張り&ヨコ張り

重ね部分に釘を打たないでください。釘打ちは図3(A)(B)をご参照ください。
タテ張りの継ぎ目は各々の端を45度にカットして、胴縁の上で継ぎ合わせてください。図4参照
ヨコ張りの出・入り隅の施工はベベルサイディングと基本的に同じです。
タテ張りの出隅はサイディング同士の突き付け、又は目地をあけコーキングの充填。

本実サイディング=タテ張り(ヨコ張りも可)

釘打ちは図5(A)(B)をご参照ください。
タテ張りの継ぎ目は各々の端を45度にカットして、胴縁の上で継ぎ合わせてください。図4参照
ヨコ張りの出・入り隅の施工はベベルサイディングと基本的に同じです。
タテ張りの出隅はサイディング同士の突き付け、又は目地をあけコーキングの充填。